カマグラゴールドの利用者が多い理由は保険の問題

ED治療薬は保険の適用とならず、すべて自費で薬代を支払う必要があります。
シアリスの有効成分であるタダラフィルは、前立腺肥大症にも使われていますが、この場合は保険適用となるのです。
しかし、ED治療として使用する場合は、完全なる自費診療となります。

カマグラゴールドの人気が高いのは、バイアグラと同等の効果があり、価格が非常に安いからです。
個人輸入代行サイトで販売されており、1錠あたり200円程度で購入できてしまうのです。
バイアグラだと1,000円以上が相場となっており、最近登場したバイアグラジェネリックでも先発薬の7割程度の価格帯です。
カマグラゴールドはクリニックで取り扱いしていないバイアグラジェネリックですが、効果に関してはバイアグラとほとんど変わりません。
効果・副作用についてもまったく同じであり、海外から100mgのカマグラゴールドを購入する場合は、2分割にして飲めば問題ありません。
100mgは日本にはない用量なので、そのまま飲むのは避けたほうがいいでしょう。
日本人の小さな体型には作用が強く出過ぎる可能性があります。
4分の1の25mgでも十分な効果があるなら、その用量でも問題ありません。
しっかりと効いてくれるならば、用量は少ないほど身体にいいのです。
ピルカッターや錠剤カッターと呼ばれる専用器具を使用すれば、簡単にカマグラゴールドを分割できます。

ED治療薬については、今後も保険適用になる可能性は極めて低いです。
生命に関わる疾患ではないため、クリニックで1,000円を大幅に下回る金額で販売される可能性は低いです。
バイアグラの効果を格安で実感したい方には、カマグラゴールドをおすすめします。