前へ
次へ

パーソナルトレーニングの途中解約について

パーソナルトレーニングの受講には、一般的に月10万円から20万円という高額な出費が伴います。もし途中でトレーニングが嫌になった場合や、どうしても継続できない事態が発生した際にクーリングオフに応じてもらえるのかが気になるところです。ちなみにパーソナルトレーニングはクーリングオフの対象となる「特定継続的役務提供」には該当していません。ですから途中解約を申し出ても返金に応じてもらえないケースも有り得ます。無用なトラブルを避けるためにも、トレーニングの申し込みをする時はそのジムの「規約」をよく確認するべきです。そして入会手続きの際にしっかりとした説明を請うようにしましょう。また契約時には退会時の返金額はもちろんのこと、退会手続きに伴う手数料の有無等諸費用についても把握しておくべきです。いずれにせよパーソナルトレーニングは高額な支払いが発生する契約なので、早急な判断で決めるのではなく、本当に最後まで続けられるのかを熟考したうえで申し込むべきでしょう。

Page Top